今更聞けないスムージーの定義

美容と健康に良いと話題のスムージー。

野菜不足を解消するためにも、ダイエット目的としても、ぜひ取り入れたいですよね。

ここ数年でスムージーは一気に人気になり、

都内を中心にスムージー専門店も数多くできました。

でも、「スムージー」という言葉、しょっちゅう耳にするものの、

いったい何がスムージーなの?と内心思っている人も多いのではないでしょうか?

ミックスジュースとどう違うの?って感じですよね。

気になるものの、今更友だちに聞いてしまうと、美容や健康に疎いと思われそうですよね。

まずは、きちんとスムージーの定義について押さえておきましょう!

こちらのサイトもおすすめです→スムージーで問題解明改善ナビ

もともと、スムージーとは、

凍らせたフルーツや野菜をミキサーにかけてジュース状にしたもののことを言い、

ミックスジュースは生のフルーツや牛乳をミキシングして作ったもののことを指します。

つまり、素材が凍っていなければスムージーとは言えないのです。

しかし、ここ数年流行しているスムージーは実は後者。

ミックスジュースとほぼ同じです。

基本的には生のフルーツと野菜を使い、水や牛乳で薄めます。

なぜ、生を使うかというと、野菜果物は生の状態がもっとも酵素ミネラルとビタミンCが多く、

美容と健康に効果的であるためです。

アメリカの専門家が、野菜果物+水だけのグリーンスムージーを考案し、

それによって家族の健康回復を叶えたことが話題となり、

海外セレブに愛飲されるようになったことが、ここ最近のスムージーブームの始まり。

グリーンスムージーの影響を受け、今では生の野菜果物を使った健康ドリンクが、

スムージーの定義になりつつあります。

スムージーは効率良く栄養を摂取できることから、

最近ではグリーンスムージー以外にもさまざまなタイプのスムージーがあります。

Comments are closed.